謹賀新年



遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
本年も工画堂スタジオをよろしくお願い致します。


さて、2016年は工画堂スタジオにとって100周年の年です
創業依頼、様々な創作物を通して社会に貢献できるよう努めてまいりました。
社員一同これまで関わっていただいたたくさんの方に感謝するとともに
これからに繋がる一年にしていきたいと考えております。


一年一年積み上げてきて今年がある、ということを噛み締めつつ…
ブログももうちょっとこまめに更新したりして…
頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします

(久しぶりの更新【モリ】がお送り致しました)
祝☆講談社広告賞de最優秀賞!
こんにちは、【19】です。

今年も残りわずかですね…
毎年思いますが、1年があっという間です(^^;)ヒィ〜

さてさて、
2014年が終わってしまう前に嬉しい出来事をすべりこみでご紹介っ!

弊社ガールズマーケティングチームで撮影を担当した広告紙面が
『読者が選ぶ 講談社広告賞』の幼児誌部門でみごと!
「最優秀賞」に選ばれました〜(^^)/

コチラが受賞した「たのしい幼稚園」の広告紙面♪



弊社ではHGSの集合カット(上部)を撮影させていただきました。
(※HGS=Harajuku Girls School おしゃれなアーティストを育てる学校よ♪)
ちょっぴり上目遣いな3人がとってもキュートな一枚になっております♡

授賞式ではこんな立派な楯もいただきましたよ♪






今回の撮影画像は広告紙面の他にも、
HGSのCDジャケットやイベントポスター、POP、
リカちゃんカタログの表紙、街中の大きな看板としてなど、
様々な場面でご使用いただきました☆
嬉しい限りです(^^)


来年もまた嬉しいことがたくさんありますように…
残りわずかな2014年も明るく元気に過ごしたいです♪



* * * * * * お知らせ * * * * * *

工画堂スタジオ初のカジュアルアプリゲーム【寄生猫おじさん】リリース中!!
無料で遊べますので、ぜひチェックしてくださいね!





↑↑↑クリックするとそれぞれのダウンロード画面に移動します♪

comments (x) : trackback (x)
オフィス引っ越しします!〜予告編
こんにちは【ク】です!
すっかり暖かくなり,とても過ごしやすい季節になりましたね♪
気持ちも清々しいです!

ところで,清々しいと言えば…?
このたび工画堂スタジオは,6月末にオフィスを移転することになりました!(詳細については,随時お知らせ予定です。)

これまで工画堂スタジオは,市ヶ谷のソフトウェア開発室と,阿佐ヶ谷のデザイン制作部で,バラバラの場所にオフィスを構えておりましたが,今回の引っ越しでは,1つのオフィスに統合されることになりました。
今後の詳細については,随時ブログ内でご報告をしていく予定です★

引っ越しをするにあたり, ご迷惑をおかけしてしまうこともあるかと思いますが,今後とも工画堂スタジオをどうぞよろしくお願い致します!

…まずは散らかり放題のデスク周りを綺麗にしなければ…。。
新オフィスをお楽しみに!
comments (x) : trackback (x)
中文サイトが出来ました!
こんにちは!ホットニュースを【りん】がお知らせします♪


工画堂スタジオ(デザイン制作部)の中文サイトがやっと出来上がりました。o(*^▽^*)o♪

工画堂スタジオと言えば、「パワードール」や「ケータイ少女PC」など、ゲームソフト
作りのイメージが強いですよね。
しかし、作業中、実はデザイン制作の歴史がもっと深く、様々な商品を手掛けていたことに
驚いたし、とても勉強になりました!
もっとたくさんの人にデザイン制作部のことを知っていただきたくて、頑張って翻訳しました。
専門用語も多かったので、もし文書などがおかしかったら、教えていただければ嬉しいにゃ。
是非、覗いてみてね。。。。。ヽ(*´ω`)ノ゙..待ってま〜す。

ポチッとな♪



工画堂工作室设计部的中文网站终于出炉啦。。。
说起工画堂,便会让人联想到「特勤机甲队」、「手机少女PC」等知名游戏,因此给人游戏软件公司的印象比较强烈。
但其实设计部的历史更为悠久。
在翻译过程中,我了解到设计部至今参与了为数不少的知名商品企划与设计,感慨之余也学到了不少东西。
为了让更多的友人也能了解我社设计部,我努力地翻译了整个网站。
只是,专业术语较多,在翻译上如有什么表现不当,或是错译,请多多指点。不甚感激!!

殷切期望大家来访。。。〜ヽ(*´ω`)ノ゙..赐教。。


comments (x) : trackback (x)
本でワクワク
間があいてしまいました!
忙しかったり、ブログを書くよりも楽しいことがあったりして(←)なかなかまとめられませんでした!
…まったくもって言い訳になっておりませんが、心を入れ替えて続けてまいる所存です。
こんにちは、【K先輩】です。



さて今回は、
終わってしまったイベントで気が引けるのですが…興味深い企画でしたので
ちょこっと語らせてください。

紀伊国屋書店(新宿本店)で行われていた『ほんのまくら』フェアです。
お仕事ではなく個人的に行ってまいりました!

http://www.kinokuniya.co.jp/store/Shinjuku-Main-Store/20120725000000.html

経済誌やネットニュースなどでも話題になっていましたので、目にした方、出かけた方も
多いのでは、と思います。

※本編は終了しましたが、23日(日)まで『ほんのまくら』〜答え合わせ〜フェア開催中
 だそうです!詳しくは↓↓↓
http://www.kinokuniya.co.jp/store/Shinjuku-Main-Store/20120915171431.html

『ほんのまくら』とは(造語だそうですが)、本(小説)の書き出しの一文のこと。
おそらくは作家が熟考に熟考を重ねて生み出したであろうその『まくら』だけを読んで選んでもらおう!
という主旨の企画です。
カバーには、『まくら』が数行印刷されているだけ。
題名、著者名も伏せられ、中身をパラパラ…もできない(シュリンクパック!)ので、
『本の闇鍋』ともささやかれていたようです。



こじんまりとしたスペースではありましたが、文字だけが並ぶ100冊の姿は壮観!
思っていた以上にワクワクです♪なんて美しい本棚!



今回のフェアは、紀伊国屋書店の方が自ら企画して、一連のデザインは知り合いのデザイナーさんにお願いした、とのこと。
明朝体の文字のインパクトと形、配列の美しさ、カラーリングなど、無駄を一切省いた気持ちのいいバランス。
主旨を最大限に生かすデザインだと思います。

たった数行の文から「どんな物語なんだろう」「主人公は?」「推理ものか?」
といった具合に想像がどんどん膨らみ、しまいには文字がカバーからフワフワと浮かび出てくるような幻覚が!(笑)

そんなこんなでさんざん迷ったあげく3冊を購入してみました♪
さてどんな物語なのでしょうか!ワクワクワク…
(読むときまで開封しないでとっておこうと思っているのです)



電子書籍の普及や活字離れがさけばれている昨今、こんな風にワクワクさせてくれるなんて!
やっぱり本って、本屋さんって素晴らしい!



・・・と、本について熱く語ったところですが、
弊社では、電子出版関連のお仕事も積極的に手がけております!

こちらも違った意味でワクワクできる『本』を創るべくがんばっています。
機会がございましたら、ぜひともお声をおかけください!
comments (0) : trackback (x)
  BACK >>

(株)工画堂スタジオ デザイン制作部 杉並区阿佐ケ谷にあるデザイン会社(株)工画堂スタジオのブログです。
2017年03月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31